長女の6年間

先日、長女が小学校を卒業した。
この6年間で、肉体的にも大きく立派に成長しただけでなく、性格も図太くズケズケと物を言い、人間関係のわずらわしさをうまくかわせる処世術を身に着けるまでに成長した。
プライドが高く、人より劣っていることが嫌いなので、良い成績を取りたい、取らなきゃと本気で思うらしく、勉強も自分からやる。

家では次女のわがままのせいで我慢を強いられる場面が多く、その恨みもあってか次女に対してとても厳しい。「そんな点数、お姉ちゃんは取ったことがない。」とか、「お前はバカだ」「のろい」とか、しょっちゅう罵っている。
その影響か、近頃の次女は「わたし、バカだからね」と自分で普通に言うようになってしまった。親が「そんなことない!」と全力で否定しても、姉の影響力は大きく、次女は無意識のうちに自分を卑下する癖がついてしまっている。これではいけない。

先日、卒業式と終業式を終えて、二人は通知表を持ち帰ってきた。
資料の整理ついでにふと「長女の2年生の頃の成績は、次女と比べて実際どうだったのだろう」と思い立ち、長女の6年間の通知表を振り返ってみることにした。

“長女の6年間” の続きを読む

次女の成長 小2

次女Sunnyの性格は、人見知りで内向的。頑固。甘えん坊。
学校では、おとなしくて発言も必要最低限しかせず、受け身で目立たない児童だと思う。
得意と呼べるものもなく、愛想がよいわけでもない。
注目されることが苦手で、たとえ自分の誕生日パーティーでも「おめでとう」と言われるのが恥ずかしくて毛布にくるまって出てこないし、ほとんどしゃべらない。
嬉しいはずなのだが、ただただ「恥ずかしい」のだそうだ。

場所見知りも強く、特に広い場所と子どものワーワー騒ぐ声が大の苦手。
初めてクラスの集まりに行ったとき、部屋に入る前から怖がっていて、部屋に入ってからは友達が遊びに誘ってくれても耳を塞ぎ下を向いたまま、うずくまって動けなくなってしまったほどだ。ちょっと普通じゃない反応だったので、その日は来て早々、お弁当も食べずに帰らざるを得なかった。

“次女の成長 小2” の続きを読む