出産や育児の あんなコト こんなコト

花粉症の改善策

最近、花粉症状が鼻水から激しい目のかゆみに変化した。あまりのかゆみに目をこすったが最後、猛烈なかゆみとの闘いが始まる。もうこすらずにはいられない。こするのをやめれば、さらにかゆみは増す。そしてまたこする・・・といった悪循環に陥ってしまう。洗眼水で眼球をすみずみまで洗ってもすっきりしない。目薬もその場しのぎにしかならない。かゆーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!
そんな様子を気の毒かつ不思議そうに見ていた夫も、いよいよ数日前から鼻周りに違和感を覚えはじめ、そしてついに発症してしまった。これで夫婦仲良く「カフ
ナー」である。他にも今年デビューのカフナーを何人か知っている。。。。恐るべし、今年の花粉!!

彼の場合、朝起きたときが一番ひどいようだ。目のかゆみに涙を流し、とめどなく流れる鼻水を拭い、派手なくしゃみを連発する。一気に押し寄せる三大症状に、とまどいを隠せない様子だ。
一方、私は夜のくつろぎタイムに入ると猛烈な目のかゆみに襲われる。日中や外出時はどうということはない。家の中にいる方が症状が悪化するのはなぜなんだ?

その疑問が解明されるような出来事があった。あまりにも目をこすりすぎて夫に驚かれるほど目の周りが赤く腫れ上がってしまった。じっとガマンしているのも苦痛なので、気を紛らすためにピアノを弾くことにした。
すると不思議なことに、目のかゆみをすっかり感じなくなったのだ。つまり、集中しているときや、緊張している時には、かゆみを感じる神経の働きが押さえられるのではないだろうか?そう考えると、日中や外出時にはあまり症状を感じないことも説明がつく。日中は仕事に没頭しているし、ある程度の緊張感を持って行動している。ところが、夕食後のくつろぎタイムは、身体の緊張がほぐれ、気が抜けている。そのスキをついて、かゆみを感じる神経が刺激され、猛烈な症状が出てしまうのかもしれない。
ほぼ日刊イトイ新聞に、花粉症に関するページがある。「妊婦は体質が変わるため、花粉症が治る」との意見もあるようだが、私に関しては当てはまらないようだ。。。
http://www.1101.com/kafun2005/index.html

そのほか
2005年3月20日
  1. 朝や夜に症状がひどくなるのは、交感神経と副交感神経の関係にあるそうです。
    どっちがどっちだったかは忘れましたが、切り替わり時に人間の抗体反応が活発になると確か去年の特集番組で見ました。
    なので、朝の場合、急に起き上がったりせず、目覚めた後しばらくの間布団の中で手や足をぶらぶら動かしたり、グーパーしたりして、切り替えを緩やかにしてあげると、寝起きのひどい症状は起きないとのことでした。
    でも、それをやっていると、大体二度寝をしてしまうのですが。。。

  2. note2 より:

    科学的根拠に基づいた回答、ありがとうございました。なぜかPCに向かっているときはダメなんですよね。集中してるつもりなのにな。。。

  3. たいママ より:

    先週,子供が目が痒いと言いだし次の日には鼻水が出たり鼻が詰まったりの繰り返しで苦しいそうだったので病院へ・・・
    やはり花粉症との事
    今まで,なった事のない病気だったので改善策を色々と調べて試したのに効果ゼロ
    とにかく鼻づまりがひどく闘っている姿を見ると可哀相で・・
    鼻づまりを治す方法があれば教えて下さい

  4. note2 より:

    >たいママさん

    お返事大変遅くなって申し訳ありません!
    お子様、大変ですね。私は今年、多少目のかゆみを感じることはありますが、それほどひどくありません。第二子を出産したばかりで、ほとんど外出していないからかもしれませんが。

    私が鼻づまりの時に試しているのは、鼻の下にメンソレータムを塗ることです。
    あと、先日テレビで観たのですが、詰まった鼻と反対側の脇の下にペットボトルを挟む、あるいは指で押すと、鼻腔が広がって鼻づまりが治るそうです。
    http://www.ntv.co.jp/sekaju/class/090418/03.html
    http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/100313/03.html

コメントを残す