歯科矯正のはなし2

Sunnyの歯を診て、前歯の左2番目が欠損している情報を聞き、先生はすぐこういった。

「上顎と下顎の両方を拡げてしまうと、上の歯の欠損部分に隙間ができてしまいます。その隙間に将来的に仮歯を入れ続けるか、インプラントを入れることになるが、中学生でインプラントはしないし、しかも前歯のインプラントは仕上がりが自然でないことが多い。個人的には人工物を入れるよりは自分の自然な歯で整えていく方が良いと考えている。もしSunnyちゃんが自分の子どもだったら、僕だったら永久歯を抜く方法を取ります。

顎の成長によっては、歯を抜く本数が少なくて済むかもしれない。

今は矯正しないで成長を見て、永久歯が生えそろったときにまた状況を見て必要なら健康な歯を数本抜いて噛み合わせを矯正していく方法を提案された。

なんと歯を手術で移動させて歯並びを整えることもできると言う。すごいな、それ。

ある大学の研究結果によると、最近の子ども達の歯のサイズが年々大きくなっているそうだ。それに対して顎は小さくなっており、それゆえに歯並びや噛み合わせの悪い子が増えているという。歯は進化しているのに顎は退化しているなんて・・・基礎体力や筋力の低下、姿勢の悪さが問題視されている最近の子ども達、まさか歯までアンバランスになっているとは、本当に驚いた。

余談だが、顎の発達のために固いものを食べることが良いというのは本当か?歯並びの改善に役立つのか質問した。

噛み合わせの悪い状態で固いものを食べると、自分の噛みやすい歯を酷使することになり、負担がそこに集中するため、おすすめしないとのこと。なんでも全体のバランスが大切、ということだ。

結局、Sunnyの歯科矯正は見送ることにした。今は虫歯にならないように、きちんと歯磨きをして、できるだけ健やかな状態で永久歯が生えそろうようにケアをしていこうと思う。

ちなみに長女のYummyは歯並びが綺麗だ。中学生にもなると、矯正している友達はかなり多くて、羨ましがられるらしい。生まれつき良い条件のパーツを持っているということは、何よりの宝物だな、つくづくと思った。

じつは私も下の前歯の歯並びが悪い。今回の話を聞いて、お金と時間に余裕があれば、むしろ私が歯科矯正してみたい。
このクリニックには30~40代の客が多いそうで、60代の方も来ているという。矯正したら歯並びが変わって、さらに噛み合わせが整ったら、見た目だけでない何か他のことが変わるのか、とても興味がある。



コメントを残す