出産や育児の あんなコト こんなコト

カブトムシの引っ越し

7/30(金)
メスが朝からガサゴソ活発に動いている音で目が覚めた。見るとエサ台がひっくり返っている。いびつなゼリーが土にまみれて転がっていたので、新しい昆虫ゼリーに取り替えた。
オスは地中に身を潜めているらしく、見当たらない。

Yummy に、我が家のカブトムシたちは仲が良くなさそうだと話すと、「えっ、Yummy ちゃんがカブトムシつかまえたとき、オスとメスがおててつないでラブラブだったから、これとってきたんだよ。ウフフ♡」
…ということは、はじめはラブラブだったが、足がもげてからオスに魅力がなくなり、仮面夫婦のごとくお互いを避け、冷えきった関係になったということか?

やがて二匹とも地中に潜り、小さな虫かごから生き物の気配が消えた。

夜、近所のFさんのお宅で食事をいただいた。その日、Fさんが預かっている小学1年生のK君にカブトムシの話をすると、「ぼくんち、カブトムシ5匹もいるよ。もう3年も飼ってる!」おぉ!!さすがは小学1年生の男子、しかもブリーダーときている。思いがけずカブトムシの繁殖に詳しい少年から、具体的な話を聞くことができた。
K君の家では、3年前に飼い始めたカブトムシが産卵し、幼虫から成虫に育ち、またその成虫が産卵をし…という具合に飼育を続け、今年で3年目になるという。ただ、近親交配のため、今年は小さいカブトムシにしか成長しなかったようだ。

カブトムシについてK君から得た情報をまとめてみた。

「うちの虫カゴ、小さくて窮屈そうなんだよね。」と何気なく話すと、「あげる!」と台所からFさんの声が飛んできた。思いがけず使わなくなった大きな虫かごをもらうこととなった。いやぁ、言ってみるもんだね。

深夜、カブトムシの引っ越しを夫に頼み、ようやく「家」と呼べる立派なものができた。
メスは早速すごい勢いで潜り出し、しばらくして地上に顔を出したりして、広々とした新居を堪能している様だ。オスは警戒してか、新居のパトロールに忙しく、うろうろ歩き続けていた。

青い屋根のステキな新居

こんなに広くなりました

さあ、君たち!この広々とした空間で、二世を産んでくれたまえ。期待しているよ。

カブトムシ
2010年8月1日

コメントを残す