出産や育児の あんなコト こんなコト

出産を振り返って

幸い、会陰は良く伸びたので、会陰切開せずに済んだ。ほんの少し裂けている箇所を1針ほど縫っただけだ。下腹部を押されながら胎盤摘出、その後、点滴で子宮収縮剤を打ったせいか、後陣痛も痛かった。

分娩時間が長く、出血がやや多かったので、2時間経過を見るところ、3時間安静といわれ、ずっと分娩室で横になっていた。

やっと正気を取り戻した私は、お産に立ち会ってくれた助産師さんに、あらためて御礼を言った。すると、助産師さんから思いがけないことを言われた。

助産師:「note2さん、普段から腰痛はありませんか?尾骨が内側に入り込んでいて、赤ちゃんがつっかえて降りにくかったんです、前回のお産で、何か言われませんでしたか?」

いいえ、腰痛はないし、前回は何も言われなかったけど・・・筋力や体力がないのは自覚していたけれど、骨格の構造まで不適応だったとはね!とことん出産に向いていない体質なのだな、と妙に納得してしまった。

出産したことを家族に連絡すると、夫と父母が入れ替わりでお見舞いに来てくれた。お腹が空いたので、夫に菓子パンとおにぎりを買ってきてもらい、一気にたいらげた。細胞のすみずみに、エネルギーが染み込むような感覚だった。

3時間の経過観察後、希望通り、すぐに大部屋に入る事ができた。助産師さんに車椅子で病室まで運んでもらった。今夜はさすがに母子同室は辛いので、一晩赤ちゃんを預かってもらうことにした。私自身は、結構元気だったのだが、長時間の分娩で顔に血の気がなかったらしく、助産師さんにずいぶん心配された。

ベッドに横たわりながら、今回の出産を冷静に振り返ってみた。

『ろくに勉強していないのにテストの日程が急に早まってしまい、大慌てで試験に臨んだはいいけれど、問題の意味が全く分からず、パニック状態。それでも、かろうじて進級できた悪運の強いバカな学生』

そんなシチュエーションに似ている。。。と、ぼんやり考えていた。

出産間際というのに、出産を二の次にして精神的にも肉体的にも無理をしていた。安産になるための努力を怠っていたのだから当然だ。

きっと神様が「この人は、こうでもしなきゃ休まない」と判断して、突然陣痛を起こさせたのだ。次女はまだ生まれてくるつもりはなかったのに「生まれさせられた」のかもしれない。だから、なかなか降りてこなかったと思えばつじつまが合う。

次女の誕生日は、偶然にも亡くなった父方の祖父と同じ誕生日だ。祖父が守ってくれたのだと、親戚は口々にそう言った。

そして、陣痛が始まった3/3、娘が原因不明の耳の痛みで「休む」と言ったのも、もしかしたら私のお産が間もなく始まり、しばらく会えない事を予感していたのかもしれない。この予想外の展開は、こんな非現実的な理由でしか説明できない。

次女が無事に生まれてくれたことと、何とか自然分娩で乗り切れたことは何より幸いだったが、もう二度とあんな辛い思いは御免だ。

今は到底考えられない話だけど・・・万が一3人目が出来たら、そのときはきっと『無痛分娩』にしようと固く誓った。

出産・入院生活,
2010年4月2日
  1. ももかママ より:

    はじめまして。御出産おめでとうございました!

    わたしは昨年4月に第一子を出産したのですが、間もなく乳腺炎に苦しみ、ネットであれこれ調べている時にこちらのHPを知りました。以来ずーっと拝見させて頂いてきましたが、まずは無事に御出産されて、本当に安心しました。

    ただ、note2さんとはずいぶん体質が似てるのか…??
    わたしも微弱陣痛に苦しみました(^^;
    わたしは延べ時間がなんと42時間!!(*_*;
    お腹の子なんてどうでもいいから一刻も早く楽にして!と思ってました(笑
    「立ち会いがうっとうしい」という感覚、よくわかります。

    赤ちゃん、ちょうど1ヶ月ですね。
    大変ですが、ふにゃふにゃの赤ちゃんって本当に可愛いですよね。

    note2さんご家族が、新しい家族と楽しく過ごしていけることを祈っております(^^)

  2. koneko より:

    おめでとうございます!
    壮絶ですね・・・。やっぱり一大事、出産って大変なんだなぁ。。。

    なにはともあれ、無事にご出産、本当におめでとうございます!!私も赤ちゃんを見ると、一人でもすでにもう大変なのに、もう一人ほしくなります。

  3. note2 より:

    >ももかママさん

    コメントありがとうございます。ずっと読んでくださっているとのこと、とても嬉しいです。

    42時間!!想像を超えた恐ろしさですね。よく耐えましたね!
    私の周りは陣痛から2時間、最短の人で30分なんて話ばかりでしたから、ももかママさんに親近感を覚えました。

    微弱陣痛って、努力で改善できないのでしょうか?もし対策があれば知りたいです。今は乳腺炎の恐怖に怯えながらも、甘いものの誘惑には勝てず、日中警戒しながら食べています☆

    お互い肩の力を抜きながら、子育て楽しみましょうね。

  4. note2 より:

    >koneko さん

    コメントありがとうございます。そうですよね、私も一人ですでに大変だと思っていましたが、理屈ではなく欲しくなるんですよね。
    今は到底3人目は無理ですけど、生める年齢のうちは、もしかしたら…と、うっすら思っています。

    konekoさんのところにも、赤ちゃんが来てくれるといいですね♪

コメントを残す