出産や育児の あんなコト こんなコト

出産への道 Part 2

もう疲れたので分娩室へ戻ることにした。その後は助産師さんが腰や足首のツボ(たぶんお産が進むツボ)をグイグイ押したり、足湯をしたり、また歩いたり、しゃがんでいきむなど、お産が進むための民間療法的なことをひたすら続けた。度々、眉間の力を抜くよう指摘された。

お昼過ぎ、何とか子宮口は6cmまで開いた。「ここまでくれば、後は早いですよ!」という助産師さんの言葉に少し安堵した。午後1時頃、母が面会に来て「あと少しだから頑張ってね。外で待ってるから」と励ましてくれた。

しばらくして、背の高い男の先生が助産師さんと共にやってきた。

先生:「ハイ、内診しますよ~」と軽い口調で手をグッと入れられた。その内診が、、、、想像を絶する痛み!!!!太くて長い指で、子宮の奥を上方向にグイグイえぐる様に刺激され、飛び上がるほどの激痛が電流のように全身を走った。

「いたぁああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーい!!!!」

それはまさに、『阿鼻叫喚』だった。

「これで少しは進むと思いますから」と一言、先生はさっさと部屋を出て行った。

何だ、今の!?一体、私に何をした!?

あまりの出来事にショックと痛みでボロボロ泣いている私に、助産師さんは「痛かった?でも、お産を進めるために、してくれたことだから…」と一生懸命フォローしていた。分かってる、そんなことは分かっているけど、もう肉体的にも精神的にも限界ギリギリ、ボロ雑巾のような今の私に、これ以上何が出来るというのか!?

もう本当に無理、今回は産めない、私はこのまま死ぬんじゃないかと、遠のく意識の中で何度思ったことだろう。なぜか頭の中では、グラナドス作曲/組曲『ゴイェスカス』〜愛と死〜という曲がグルグル回っていた。(BGM にして読んでいただくと、より一層、臨場感が増します。)


夕方になって、また担当の助産師さんが変わった。どうやら、陣痛は起こっているのに子宮口の開きが悪い上に、赤ちゃんが降りてきていないようだ。何という悪条件!予定日より20日も早いためだろうか。こんなに早くお産になったというのに、降りてこないとはどういうことだ!?全く意味が分からない。

陣痛が起こるたびに、無理矢理いきんで赤ちゃんを降ろさなければならないのに、空腹でエネルギー不足。力など出るわけがない。それでも容赦なく襲う陣痛のおかげで、かろうじて いきめているようなものだ。初産の時よりも過酷で長く感じるのは気のせいだろうか?経産婦だからと楽観視していた自分が甘かった…!

「硬いお通じを出すように!!」と指示され、和式便座で用を足すスタイルで何度もチャレンジするも、全く降りている手応えはない。微かな光すら見えてこないまま、虚しく時間だけが過ぎていく。。。。

そしてまた、前回とは違う男の先生がやってきて、悶絶寸前の内診をしていった。再び悲鳴を上げて泣きじゃくる私。すっかりトラウマになってしまった。こんな姿、身内の誰にも見られたくない。立ち会いにしなくて大正解だ。

長時間の陣痛・いきみ・内診で、体力も気力も底をついた状態。

もうこれ以上無理です!!早くお腹切って出しちゃってください!!」と、何度言おうと思ったことか…。

さらに数時間が経過した。ようやく赤ちゃんの頭が見えるくらいに降りてきたらしい。確かに、股に何かつっかえた感じが分かる。

「あと数回いきんだら破水すると思うので、そうすればお産もぐっと進みますよ!」と励まされたものの、一向に破水する気配はない。長女の時は、助産師さんが人工破水させてくれたのに、この助産師さんは、なぜ破水させてくれないのかと、内心苛立っていた。

しばらくすると別の助産師さんがやってきて、「あれ、なんで破水させてないの?」と言って、さっさと破水させてくれた。「ブチッ」と何かが破れる鈍い音の後に、ドバッ!と生温かい水が飛び出した。そうそう、それでいいんだよ!

そこからは、二人の助産師さんがつきっきりだった。情けないことに、子宮口は最後まで全開大にはならず、その上、赤ちゃんの頭が私の尾骨にひっかかって出てこない。助産師さんが二人掛かりで、私がいきむ度に膣の入り口を両側からグワーッと引っ張って、赤ちゃんの頭を何とかして尾骨を避けて出そうと介助していた。

言われるままにいきみ続けていると、また違う男の先生と女の先生がやってきた。ブルーのシートを下半身に被せられ、「あと少しで赤ちゃんに会えますからね」と言われたが、「それ本当なの?慰め?」と半信半疑だった。私には、お産が進んでいる手応えは何一つなかったのだから無理もない。それでも陣痛が起こる度に、訳の分からないまま いきみ続けた。

何回いきんだことだろう。「頭が出てきましたよ!もう少し!!」という声が聞こえて、数回いきんだ末に、ずるずるーっと赤ちゃんの身体も出たらしく、お腹がスーッと軽くなった。

次の瞬間、私の視界に羊水で濡れて、ふやけた赤ちゃんの姿が飛び込んできた。

「わぁ!赤ちゃんだ!かわいい…」思わずつぶやいた。悪夢から醒めたような、信じられない光景だった。

3/4(木)午後6時47分、分娩時間およそ24時間半。

半死半生の思いで、どうにか元気な女の子を出産できた。

出産・入院生活,
2010年3月31日
  1. Calvin より:

    再開されましたね。
    BGMかけながら、読ませていただきました。
    臨場感溢れる文章たまりませんねー。
    苦しみを乗り越えて誕生した新生児ちゃんに会える日を楽しみにしています。
    更新も心待ちにしているのですが、くれぐれも無理ない程度にしてくださいませ。

  2. note2 より:

    >Calvinさん

    お久しぶりです。やっと再開する気持ちになりました。下の痛みが残っているうちは、あの壮絶なお産をリアルに思い出し、身体がこわばってしまい、記事を書く気になるのには時間が必要でした。

    もう少しで1ヶ月経ちますから、近いうちにお披露目したいと思います。

    それから、色々とおつかい頼んですみません。助かりました。デジカメも大活躍です♪これからは、写真も載せていけたらと思います。

コメントを残す