出産や育児の あんなコト こんなコト

デパートへ

イタリア人に嫁いだ友人が、日本に帰ってくる。彼女は今年9月に結婚したばかりの新婚さんだ。挙式はイタリアで行ったため、今回は日本の友人にお披露目もかねて、暮れにパーティーを開くとのこと。私たち夫婦で出席することになっているのだが、困ったことに、着ていく服がない。なんせ妊婦だから、今まで着ていた服ではどうにもウエストがきつく、居心地が悪い。

そこで、本当に久しぶりに自分の買い物のためにデパートへ行くことにした。日曜日の出張帰りに、夫と待ち合わせて婦人服売り場へ直行した。私のお目当ては「ワンピース」。まだお腹は目立たないけど、圧迫感のないワンピースの方が楽でいいと思ったからだ。クリスマスムードでいっぱいの、華やかな売り場をぐるぐると周り、いよいよ疲れてきた頃、ようやく納得いく品が見つかった。早速、ワンピースを試着。最近、太った気がしていて、7号で大丈夫か不安だったけれど、案外すっぽり収まってくれてひと安心だ。まさに「ジャストサイズ」。お腹もまだ余裕があるし、これならシーズン中は着られそうだ。全く妊婦には見えない。店員さんに勧められてワンピースとセットのジャケットも羽織ってみた。
すると夫は「・・・父兄参観みたい」と一言。「かっちりしてるから」とのことだったけれど、これには購買意欲もクールダウンしてしまった。そこで、違うジャケットも合わせてみた。テイストの違うものを合わせると、雰囲気もガラリと変わって軽い印象になり、これもまたよい。あれこれ着てみたが、着回しのことや、フォーマルなシーンでも着られるメリットを考えると、たとえ「父兄参観」でもセットでそろえた方がいいと思い、購入を決めた。おかげでポイントが貯まり、夕食代が浮いて特した気分だ。
無駄のない買い物ができたことに大満足な日曜日だった。

マタニティーファッション
2004年12月20日

コメントを残す