出産や育児の あんなコト こんなコト

合成界面活性剤

次の改善点は、洗剤である。
塩素に次いで、アトピー性皮ふ炎の原因として疑われる物質は「合成界面活性剤」だという。

洗濯洗剤、柔軟剤、台所洗剤、掃除用洗剤、シャンプー、リンス、洗顔料、歯磨き粉、化粧品等・・・
私たちの身の周りのほとんどの日用品には「合成界面活性剤」が使われている。
そんな、暮らしに密着したさまざまな商品に使用されている「合成界面活性剤」が、なぜ問題なのか?

調べてみると、驚きの事実が判明した。

そもそも界面活性剤とは、普通なら分離してしまう水と油を均一に混ぜ合わせるもの。
各種の洗浄剤は、界面活性剤のこのような性質を利用して、油を含む汚れでも水で洗い流せるようにしているのだ。
化粧品については、乳化剤としてクリームや乳液などに幅広く使用されている。

合成界面活性剤とは、石油から抽出した界面活性剤のことをいう。
この合成界面活性剤には、有害な化学物質が含まれていて、環境、人に重大な悪影響を及ぼしている。

【合成界面活性剤の有害性】
《たんぱく質変性作用》
私たちの皮膚、血管、内臓、すべてたんぱく成分の細胞でできている。
合成界面活性剤が皮膚につくと、皮膚表面の皮脂膜をはぎ取り、皮膚の細胞膜を溶かし、細胞を破壊する。
これが皮膚障害、肌荒れ、アトピーを引き起こす。

長年、洗剤による主婦湿疹に悩まされていたが、原因は合成界面活性剤にあったようだ。
これじゃ、どんなにメーカー違いで洗剤を変えてみても、合成洗剤であれば結局は同じ事。
改善されるはずもない。

《浸透力の強さ》
合成界面活性剤は浸透力が強く、皮膚などからたやすく侵入し、血管内に入り、体内を巡り、蓄積され、内蔵障害を起こす。特に肝臓や生殖器に悪影響をあたえる。
さらに、体内の酵素の働きを阻害し、発ガン物質と出会うと相乗効果により発ガン率がぐんと上がる。

肌荒れだけじゃないという事実はショックだった。
内蔵障害・・・しかも生殖器だったら不妊の原因になるし、胎児にも悪影響じゃないか!!

カラーリングやパーマ液が胎児に悪影響を与えるという新聞記事は読んだ事がある。
しかし、普段使っているシャンプーやリンス、ヘアケア製品だって体に良くなかったのだ。

ということは・・・
私の体は、長年じわじわと蓄積した有害な化学物質によって、すでに侵されているということになる。

これまで、成分表など全く気にした事はなかった。
「香りのよさ」「洗浄力の強さ」「価格」「CMの印象」などで選び、メーカーの宣伝文句を信じて商品を買っていた。
それが人体や環境にどういう影響を与えているかなんて、考えたこともなかった。

。。。無知とは恐ろしい。。。

それですっかり怖くなって、家中の洗剤を片っ端から調べてみたところ・・・

見事に「合成界面活性剤」の嵐!!!!!

『手肌が荒れない、赤ちゃんにも安心』という多目的洗剤にも、『ベビー用』と書かれたボディソープや肌着用洗剤にまで、合成界面活性剤は当たり前のように使われている。
そんな現実に、愕然としてしまった。

もはやCMなど信用できない。
「何を信じていいのか分からない」と夫に話すと
「信じられるのは、己のみ」との明快な答えが返ってきた。

夫:「でも、そんなに神経質になってもいけないよ。別に死ぬ訳じゃないし。影響っていっても微々たるものだから、気にしすぎないように。。。」

・・・こうして、ドラッグストア好きな私の「商品を選ぶ楽しみ」がひとつ消えた。

アトピー・アレルギー
2006年1月20日

コメントを残す