出産や育児の あんなコト こんなコト

妊娠29週 〜8回目の検診・助産師外来〜

1/8(金)、年明け初の検診だ。今年のお正月休みは短く、4日からレッスンが始まり、連日の激務のせいか疲れ気味で眠い。主人は昨日から出張で留守にしているため、娘を保育園へ送って行ったその足で病院へ向かった。

今日は始めに採血があった。朝食を食べずに来てくださいと指示があったので、空腹のまま採血をし、その後検診が始まるまでの間で朝食を食べた。10時半、時間通りに検診が始まった。今回はいつもと違う助産師さんだった。

お腹のかゆみがひどくて尿素入りクリームを塗っているが問題ないかと尋ねると、お腹の上から塗るだけだし問題ないとのこと。医師にも確認を取ってくれ、やはり大丈夫だとの答えだった。お腹を見てもらったところ、以前、突然お腹にできた赤い筋は、乾燥による一時的なもので妊娠線ではないと言われ、ホッとした。

最近立ったまま靴を履こうとしたり、寝ている時に突然足が吊るようになった。娘の時も足が吊ることはあったので「いよいよマイナートラブルの始まりだな」と妊娠後期を実感しているところだった。助産師さんによれば、足の血流が悪いためだという。お腹が大きくなることにより足のつけねの太い血管が圧迫され、血流が悪くなると足が吊りやすくなるらしい。私の足を触って「冷え気味ですね」と一言。対策としては、足を冷やさないようにすることと、あぐらをかいて、足のつけねをストレッチすると効果的なようだ。

最近疲れ気味だと話すと、「働き過ぎもほどほどに…」と苦笑い混じりにやんわり注意された。無理に動いてお腹が張ると、子宮けいかんが短くなってしまうそうだ。そうなると早産の危険性が出てきて、入院の可能性もあるとか。「お腹の張りはどうですか?」と聞かれたのだが、お腹の張り…?勿論、たまにはあるが、そう頻繁ではないと思う。でも、ただ気づいてないだけかもしれないと、曖昧な返事をした。

助産師:「せっかくここまで来たのですから、くれぐれも注意してくださいね。次回は先生の検診ですので、そこで子宮けいかんの長さを調べてもらえば分かりますよ。では、お腹を見せてください」ということで、ひとまずはお腹の状態をチェックしてもらった。とりあえず、今日は張りはないようだ。お腹の厚みも充分で、羊水が少ない感じはない。

赤ちゃんも元気だ。腹囲も子宮底長も、3週間前より3cmほど増えていた。どうりで今まで何とか着られていたコートが全てキツく苦しく感じるようになったわけだ。仕方なく、お正月に新しいダウンコートをバーゲンで買ったばかりだ。

「体重がそれほど増えていないのに、お腹は大きくなるんですね。体重管理、頑張ってますね~。」と褒められた。いやいや、私だってお正月を挟んだこの3週間で700g太ったのだ。しかも昨日の夕食は、娘と外食してケーキまで食べてしまったので、何だか後ろめたい気持ちだった。どうやら皆さん、お正月明けで私以上に体重増加が目立つようだ。「お正月明けだから仕方ないですね、というフォローを毎日のようにしているものですから」と助産師さんは笑った。

血液検査と尿検査の結果は異常なし。「血糖値79」とあって、助産師さんは「 お腹が空いていたみたいですね」と笑った。血糖値は100を越えると異常、70を切ると低血糖なんだとか。相変わらず甘いものを断つことはできていないので、血糖値や尿に異常が出ていないか心配だったが、「体重増加や血液、尿の状態から見て、今くらいの食べ方なら問題ないでしょう」と言ってもらえた。

それでも以前よりは甘いものを身体が欲しなくなったような気がする。しかし仕事に追われて昼を食べられず、チョコレートを口に入れて空腹をしのいだりする日もあったので、今後はもう少し体重増加自体よりも食事内容に気を使い、栄養のバランスを考えた食生活を心がけなければと反省している。

次回は1/20(水)、医師の検診で超音波検査がある。いよいよ性別判明か!?


妊娠後期,
2010年1月14日

コメントを残す