出産や育児の あんなコト こんなコト

妊娠16週 〜血液検査の結果〜

10/7(水)
血液検査の結果を聞きに病院へ行った。
血液検査は全ての項目で異常なしだった。娘の時には血液検査の結果を全てプリントして渡されたが、今回はまだ一度も渡されていない。
さり気なく風疹疑惑で過去のデータが大変役立ったことを説明し、今回も頂けるかとお願いすると、快く渡してくださった。
そして、あらためて風疹の抗体価について説明された。
先生:「4年前から抗体価が下がっていないということは、風疹に対する免疫が強いということです。今後、風疹にかかる心配はないでしょう。」

つい先日聞いて驚いたのだが、義母が主人を妊娠中、風疹にかかってしまい、かなり危険だったそうだ。しかも義父からの感染だったらしい。
しかし幸い主人に障害は出ず、健康に生まれてきたのだとか。妊娠中、風疹にかかっても大丈夫なケースもあるのだ。

インフルエンザの予防接種を受けたいと言うと、まだワクチンが入ってきていないという。入ってきても優先順位があり、まずは医療従事者、次が妊婦だそうだ。
つまり、私がワクチンを打てるのは、早くても11月ということだ。
千葉にお住まいのピアノの先生によれば、千葉の小学校ではインフルエンザで学級閉鎖になっており、生徒が次々にレッスンを休んでいるという。
私の生徒の友人もインフルエンザにかかっており、その子も千葉に住んでいるのだという。どうやら現在、インフルエンザは千葉で蔓延しているようだ。東京では、まだそれほど流行を感じないので、インフルエンザウィルスが身近にやってくる前に予防接種を受けたいものだ。

現在、右手人差し指の荒れがひどい。洗剤か何かでかぶれたのだろう、一度荒れるとなかなか治らない。以前、知人にもらった強いステロイド軟膏を試しに塗ってみた。塗ってはみたものの心配になり、一回でやめた。ステロイドについても先生に質問した。
先生:「強いステロイド剤であっても、皮膚の上から薄く塗るだけでは赤ちゃんに影響があるとは思えません。実際、妊婦さんでも持病の治療のためにステロイドを使っている方は多いですよ」
とはいえ、ステロイドを使う気にはなれず、かといってハンドクリームだけでは荒れは治らないので、アンダームという非ステロイド軟膏を処方してもらった。

次回の検診は10/28(水)。超音波検査と検診を行う予定だ。うまくいけば性別が分かるかもしれない。とても楽しみだ。

妊娠中期,
2009年10月9日
  1. みぽりん より:

    こんにちは。
    以前、風疹の抗体が高くて再検査をした結果がでました。
    異常ありませんでした。

    今日は健診日で、赤ちゃんも元気だったので安心しました。

    これでようやく精神的にも、安心しました。
    色々とお世話になりました。ありがとうございました。

  2. note2 より:

    > みぽりんさん
    ご報告くださって、ありがとうございます。
    検査結果、異常なくてよかったですね!!
    赤ちゃんも順調で、何よりでした。

    お互い、出産まで大きなトラブルなく過ごせるといいですね。
    またよろしければ、ブログ覗いてください♪

コメントを残す