出産や育児の あんなコト こんなコト

妊娠初期の基礎体温低下

お盆休みの8/12の夜〜15まで、軽井沢へ遊びに行った。
そこで思いがけない事が起こった。

軽井沢はお天気に恵まれ、涼しく快適な陽気だった。自然に囲まれた清々しい空気と、ゆったりした時間の中で、楽しく過ごせると思っていた。
しかし、実際に過ごした日々は、体調が優れずほとんど何もしないで横になっていた。

夜になってから、気分転換に近くの温泉に出かけた。
入る前、脱衣所にこの温泉の効能や注意が書かれた看板を見た。すると、そこに

「禁忌:妊娠初期と後期の方」との文字が…

気になって「止めた方がいいかな?」と妹と母に尋ねたが、妹は「友達も妊娠初期でこの温泉に結構長く入ってたけど、大丈夫だったよ。」と言い、母は「長く入ってのぼせると良くないとか、滑って転んだりして何かあったら温泉側も困るから、そう書いてるだけだよ。」

と、二人とも問題ないと言うので、ちょっとだけならいいか・・・と思い、入ることにした。

温泉は、とても気持ちよかった。2種類の屋内風呂の他に露天風呂と洞窟風呂があり、全ての湯船を楽しんだ。もう少し入っていたいなと思ったが、やはり何かあっては困るので、早々と上がった。

やはり温泉に来て良かった。体も軽くなり、元気になった。やっぱり少し辛くても身体を動かした方が良いみたいだ。明日は朝ちゃんと起きて、動いてみようと思った。

事件は3日目に起こった。軽井沢に来てから2日間、基礎体温が37.3度と高めになっていたのに、3日目になって急に基礎体温が36.4度に下がってしまったのだ。

基礎体温は、一般的に妊娠初期(妊娠4ヶ月頃まで)は高温が続き、その後、だんだん基礎体温は下がっていくと言われている。なのにこんなに早く基礎体温が低下するのは、絶対におかしい。赤ちゃんに何かあったのではないか、まさか流産の兆候!?ものすごい恐怖に襲われた。

やはり温泉が良くなかったのだろうか。それとも昨日、突然体調が良くなって、つわりもほとんどなくなり、調子に乗って動きすぎたから?そもそも、つわりがなくなって元気になったこと自体が、おかしいのではないだろうか?

…妊娠初期の基礎体温低下で色々な思いが渦巻き、不安で仕方ない。もし温泉が原因で悪い菌に感染して基礎体温が低下してしまったとしたらどうしよう。妊娠初期なのに温泉に入るなんて やめておけばよかったと、今さら後悔していた。

布団の中で、携帯のインターネットで妊娠初期の基礎体温低下について調べてみた。妊娠初期で基礎体温が低下した人の体験談を読んでみると、大抵の場合は大事に至らず、赤ちゃんは無事とのことで、少し落ち着いた。しかし、病院に行ってみないと何とも言えない。幸い出血はないし、今は心配しても仕方ないのだから、基礎体温はなるべく気にしないようにした。
この日も体調が優れず、、、というより気分が滅入ってしまい、ほとんど一日寝ていた。無理して動かず、安静にしているしかないような気がした。

結局、翌朝には少し基礎体温が上がり、さらに翌日軽井沢を離れ実家で基礎体温を測ると、高温相に戻っていた。

「よかったね、きっと軽井沢の気温や気圧の影響で、一時的に体温が下がっただけじゃないの?」と主人は分析していた。

検診は来週である。それまでは不安だが、とにかく慎重に過ごしていこうと思う。

妊娠初期,
2009年8月23日

コメントを残す