出産や育児の あんなコト こんなコト

つわりの症状

今回のつわりは、前回よりも重い。空腹時にムカムカする「食べづわり」には変わりないが、何だか常にだるいし何となくスッキリしない。一度に食べられる量は少なめで、すぐに空腹になり、またムカムカする。。。の繰り返しだ。
「前回よりだいぶ辛そうだね」と、主人は言う。年齢のせいか、夏という季節的なものなのか?そういえば、前回同様、ひどい頭痛もあった。

ちょうどお盆休みで実家の両親、妹と過ごしたおかげで、家事、育児を任せて休ませてもらったのが幸いだ。ただ、そうすると際限なく眠ってしまい、ゆっくりしすぎて逆に体調が悪くなっていく気もする。

今回は嗜好に変化が見られた。前の妊娠では、空腹でなければ何でもよかったが、今回は酸っぱいものでないと、むかつきが治まらない。
一番美味しく感じるものは、とにかく『お寿司』だ。そして、ムカムカしてきたら『梅しば』を食べると落ち着く。普通の梅干しでもいいのだが、果肉が締まって固い『ムラオカの梅しば』は、一口かじって酸っぱいエキスを少しずつ吸いながらゆっくり楽しめて、しかもコリコリした歯ごたえもあるので「食べてる」感があって丁度良いのだ。

これを大量に買い込む必要がある。ただ、気がかりなのは塩分の採り過ぎになることだ。「つわりの間は、食べられるものを食べていいですよ。つわりが終わってから、栄養管理を始めれば大丈夫です」と助産師さんには言われたが、妊娠中毒症にならないだろうかと、心配になる。

数日間の夏休みを終えて思う事は、体調が優れないからと何もしないでゴロゴロしているより、ちゃんと起きて動いていた方が身体が楽になる、ということだ。
ちょっとしんどくても頑張っていた方が私の場合はいいみたいだ。
ただ、妊娠初期は、頑張りすぎると後で取り返しのつかないことになりかねないので、その辺は気をつけなければならない。

何はともあれ、早く胎盤が完成し、一日も早くつわりがなくなることを祈るばかりだ。

妊娠初期,
2009年8月17日

コメントを残す