出産や育児の あんなコト こんなコト

流産のこと 〜赤ちゃんへ〜

結局、腹痛は3日間、出血は5日ほど続いた。2/9に再び病院へ行き、血液検査と内診をした。血中のhCGの数値は4,5mIU/mlに減少していた。子宮内もきれいになっており、手術などの処置はなかった。それまで高温を保っていた体温も、下がりつつあった。そして「今回は、流産です」と改めて宣告された。

「初期の流産は15~20%の割合で起こります。すでにお子さんは一人いらっしゃいますし、また妊娠できると思います。次の妊娠は、3回生理が来てからにした方がいいでしょう。」と、先生は私がネットで調べた通りの内容を告げた。

やはり、あらためて「流産」と言われると、分かっていても辛いものだ。でも、事実のみを淡々と告げる先生で、かえって良かったとも思った。うまい慰めの言葉などかけられた日には、その場で泣き出してしまいそうだったからだ。

今回は、胎のうすら見る事のできない妊娠だった。妊娠したという事実は、うっすら反応のあった妊娠検査薬と、基礎体温表のみが示している。
たったの1~2週間だったが、私の中に新しい命が宿っていたことを忘れたくなくて、ありのままを記事にした。

数日後、娘が突然「あかちゃん、もどってきた?」と尋ねた。そして「○○ちゃん、おいのりしたよ!」と言って笑った。娘がいてくれて、どれだけ救われただろうか。

流産後の心を癒す魔法の言葉集というサイトを見つけ、何気なく読んでいた中に「私たち家族にとって一番よいタイミングで赤ちゃんはやってくる」という言葉を見つけた。これが一番、しっくりくる言葉だった。今は、家族三人の暮らしを大切にすること、今ある仕事を頑張る時期なのかもしれない。

またいつか、お腹に戻ってきてくれる日まで、さようなら赤ちゃん。少しの間だったけれど、楽しかったよ。

来てくれて、本当にありがとう。

流産
2009年2月15日
  1. みずきち より:

    私も以前、「一度宿った命はいつか必ず戻って来る。その時が来るまで、自分、家族を大切に温かくお迎え出来る場所を作っておくんだよ。本当にその環境が整った時に赤ちゃんは戻って来る。」とカウンセラーの先生に言われた事があります。
    その言葉に背中を押され、今でも支えられています。

    一緒に頑張りましょうね。

  2. note2 より:

    >みずきちさん

    たくさんコメントくださってありがとうございます。
    みずきちさんも、辛い経験をなさっているのですね。みずきちさんの、赤ちゃんに対する強い想いや心のこもった言葉に、私も励まされました。

    きっといつか、赤ちゃんが戻ってくることを信じて、前向きに明るく生きていきたいです。みずきちさんの赤ちゃんも、きっとみずきちさんのことを空から見守ってくれていますよ。

コメントを残す