出産や育児の あんなコト こんなコト

最近の胎動

9ヶ月と2週間になっているにもかかわらず、私は妊婦らしく見えないようだ。顔がふっくらしたわけでもなく、特別太ったわけでもない。まだ動くのに困らないのでスタスタ歩く。
というわけで、お腹の大きさ以外は妊娠前となんら変わりなく、しかも妊婦のシンボルであるお腹自体もあいかわらず大きい方ではない。しかも前に突き出しているためか、「意外と小さい」とか「後ろから見ると全く分からない」と言われる。
そうして、ほとんどの人は興味深そうにお腹を触って「可愛い」とか「不思議ね〜」とか、それぞれのコメントを残していく。私も妊娠前は妊婦さんの大きなお腹は大変神秘的で、よく触らせてもらっていたから、皆さんがお腹を触りたくなる気持ちはよく分かる。私も皆さんにお腹をなでて子どもに話かけてもらうのは、とても嬉しい。


そんな「小さめ」のお腹の中で、我が子は本当に育っているのだろうか・・・と不安になったりもしたが、どうやらそれは杞憂にすぎないようだ。
なぜなら、最近の胎動は以前のそれとは違い、確実に大きく、ゆっくりした動きになっているからだ。以前は「ピクピク」という感じで割と早い動きだったが、今では「うにょ〜」といった、のっそりうごめいている感じなのだ。
向きを変えたり、腕や足らしきものが動いていることは、はっきり分かる。大きい動きになると、何とも言えないくすぐったさと、お腹が吊るような感じに「おおっ!」と驚きの声を上げてしまう。
この子、一体何グラムあるんだろう?9〜10ヶ月にかけてググッと大きくなるものだと聞いているが、歩くのが辛くなるのはいつになるのだろう?
そして、いつ出ベソになるのだろう?もうだいぶヘソが盛り上がってきているが、まだめくり上がりきっていない。密かに楽しみにしてるんだけどな〜。

そういえば、先日寝ているときに足が吊った。
「やっと妊婦らしい症状が出てきた!」と一瞬思ったが、「やっぱり何ごともなく出産を迎えたい」と、吊った足の痛みをこらえながら切実に願った。
。。。めちゃくちゃ痛かったぁ。。。(涙

妊娠後期
2005年6月3日

コメントを残す