出産や育児の あんなコト こんなコト

妊娠中の注意事項 〜母より〜

「出産の難度は、自分の母親に似る」と、どこかの雑誌で読んだことがある。母は以前、私に「アンタはなかなか出てこなくて、一日中苦しんだ」と話していた。それに、弟と妹の時はいずれも帝王切開だった。子どものころ、母と一緒にお風呂に入っていたが、そのお腹にはくっきりとお産の爪あとが残っていたのを覚えている。それで、私も難産の可能性が高いのでは・・・?と不安になり、母に確認してみた。
「ね、私って、なかなか出てこなかったんでしょ?難産で大変だったんだよね?」すると、意外な言葉が返ってきた。「・・・う〜ん、でも今思えば普通だったんじゃない?っていうか、アンタの時は、破水しちゃったんだよ。」え!!初耳。「実は、ミシンかけちゃて・・・。」何故、ミシンで!?「昔のミシンは足踏みだったからさ。医者にもミシンはダメって言われてたんだけど、ちょっとくらい平気だろうと思ってやったら、夜中破水しちゃった。あー、医者の言うことはホントだったんだーって思ったね。」おいおい、初産だったわりには余裕だな〜。さすがは母。
・・・ちょっと待って、ていうことは、別に私がだだこねて出てくるの渋ってたワケじゃなくて、自分の不注意だったんじゃないのぉ?ちなみに、弟の時は彼の頭が異常に大きく、小柄な母の身体から自然に出すのは危険とのことで、帝王切開になったそうだ。そして妹になると、すでに帝王切開しているため、もう切っちゃったほうが早いということで、二度目の帝王切開となったらしい。

「お産の傾向が似る」というのは、インターネットで調べた結果、どうやら関係なさそうだ。母も「そんなの関係ないよ」と、何の根拠もなく言い放った。妊娠中の食べ物についても、いろいろと言われているが、「そんなの気にしすぎだよ。だいたい今の親は過保護なんだよね〜。自分の好きなもの食べてればいいんだから!」と、かなりたくましい答えが返ってきた。
すると突然「スイカは食べないほうがいい」と言い出した。はぁ?なぜスイカ?「お腹、冷やしちゃうから」だって。っていうか今、真冬なんですけど・・・。
結局、母の注意事項をまとめると、こうなる。

よく分かったような、分かんないようなアドバイスだったが、つまり「神経質にならなくて良し。何とかなる。母は強し。」ってことか?

そのほか
2004年12月10日
  1. 母似の超安産 より:

    産後の入院中、同室だった人たちは口を揃えて、母似のお産だったと言っていました。
    似ないかもしれないけど、もしかしたら似るかもしれないから、母親のお産を聞いておくと「傾向と対策」としては良いかもしれないよ。
    BABY とあえる日が待ち遠しいね。

  2. note2 より:

    うう…ショック。だとしたら、きっと楽なお産ではないな。切腹だけは勘弁してほしいです。

コメントを残す