赤ちゃんの黄疸(おうだん)

日を追うごとに我が子の顔が黄色っぽくなってきた。黄疸(おうだん)が出始めたのだ。
黄疸は、血液中にビリルビンと呼ばれる黄色い色素が過剰になり組織に沈着し、これが原因で皮膚や目の白い部分が黄色くなる病気です。
生まれてすぐの赤ちゃんは、余分な赤血球が急速に破壊されて行き、その上肝臓の機能がまだ未発達なので、生まれて2、3日すると黄疸が出ることが多い。これは生理的黄疸と呼ばれていて、1、2週間で消えるので心配する必要はないようです。
しかし、我が子は日に日に黄疸の数値が上昇しており、注意が必要ということで、経過を観察するため小児科の先生に診てもらっていた。

“赤ちゃんの黄疸(おうだん)” の続きを読む

入院中の授乳

大部屋に移ったその日、初めて我が子と過ごす夜を迎えた。
病院側から「哺乳表」というものを渡され、授乳した時刻と、左右それぞれのおっぱいを吸わせた時間を記入するように言われた。

以前、子育てをしている友人から「夜は3時間おきに授乳で大変!」という話を聞いていた。私もそれくらいは覚悟していた。
・・・しかしそれは非常に甘い考えだった。
“入院中の授乳” の続きを読む

入院中のあれこれ

日中は沐浴の見学や産後指導、赤ちゃんの世話、授乳であっという間に時間が過ぎた。昼寝などしているヒマはなかった。産んだその日からこのスケジュールは結構ハードだ。

出産時、全身の筋肉を最大限に使ったため、全身筋肉痛で思うように動けない。特に上腕と腹筋は重傷だった。その上、座ったり歩いたりすると、その都度会陰の傷がビンビン痛むからたまらない。
2〜3日はガニ股で足を引きずるような歩き方をしていた。赤ちゃんを抱き上げたり下ろしたりするのも腕に響いて苦痛だった。
“入院中のあれこれ” の続きを読む

入院生活のはじまり

深夜3時過ぎ。母と夫はひとまず家に帰った。私は分娩室から病室へ移動することになった。
ベッドから起き上がり、立ち上がろうとすると、体が言う事をきかない。頭と気持ちはしっかりしているのに、意に反してふらついてしまうのだ。全身の筋肉が疲労困憊し、思うように機能しなくなっていた。全ての力を使い果たしたことに初めて気付いた。

点滴を吊るすバーを転がしながら、深夜の静まり返った病棟をゆっくり、ゆっくりと歩く。
さっきまでの命がけの奮闘が嘘のようだ。
“入院生活のはじまり” の続きを読む

我が子との対面

「おめでとうございます。よく頑張ったねー!はい、ママですよ」
私の顔のすぐそばに、たった今生まれたばかりの、まだ血で汚れたままの赤ちゃんがいた。大きな口を開けて腹の底から泣き叫んでいる。

「へぇ〜、あんたが入ってたのか〜。やっと出て来たねぇ・・・」

これが私の第一声である。ストレステスト時の 4D 写真では横顔しか見られなかったが、実物はこんな顔してたんだね〜。こうして見ると、写真とはまた違う顔をしているような気がした。
“我が子との対面” の続きを読む

出産への道 〜18日夜 Part 2〜

助産師さんは、作戦2として「おっぱいマッサージをしましょう」と言った。これは効きそうだ。
正期産に入ってから、おっぱいマッサージをしていたが、すぐにお腹が張って苦しくなるので、最後の頃は気が進まず、いやいやマッサージしていたのだ。

学生さんがマッサージを始めた。案の定、すぐに陣痛が激しく起こった。「おお、いいですね!!効果ありですね」またまた助産師さんは満足そうにモニターを眺める。
「もっと続けましょう」と、しばらくおっぱいマッサージは容赦なく続けられた。その度、激しい陣痛が起こって、いきんでしまう。しかし「もういきんでもいいですよ。」と言われ、やっと楽になった。
“出産への道 〜18日夜 Part 2〜” の続きを読む

出産への道 〜18日夜 Part 1〜

7月18日午後8時。心配そうな母と夫に見守られながら、私は分娩室への扉をくぐった。
通された部屋は17日に入院が決まって最初に泊まった小さな分娩室だった。
青白いタイルの壁に囲まれたこじんまりした空間に、無機質な医療器具が並んでいる。いよいよ本番といった緊張感をかきたてるにはうってつけの部屋だ。
壁には、産み落とされた瞬間の赤ちゃんのパネル写真が飾ってある。羊水でヌルヌルしており、赤い顔をゆがめて泣いている、取り上げられたばかりの赤ちゃん。生々しい写真だ。
あと数時間頑張れば、この写真のような赤ちゃんと対面できるのか。
“出産への道 〜18日夜 Part 1〜” の続きを読む

出産への道 〜18日夕方〜

「お部屋の準備ができたので、気分転換に病室でご家族と過ごされてはいかがですか?少し動いた方が子宮口も開きやすいですから、できれば院内を歩いてみてください」
助産師さんから提案があり、私はその指示に従うことにした。
確かに、この部屋でじっとしているのは精神的にも辛い。これ以上ここにいても、何の進展もないように感じられた。
“出産への道 〜18日夕方〜” の続きを読む

入院 〜18日午後〜

どれだけ時間が経ったのだろう。うつろな眼差しで壁掛け時計を見上げると、午前10時近くになっていた。昨夜から今まで、ずっとこの状態だ。あいかわらず進展は見られない。
それどころか、陣痛の間隔が開いてきている。昨晩、一睡もしていないため、気付くとウトウトしている。・・・要するに、睡眠を取れている=陣痛がない ということだ。もうどうしようもない。
ただ、今までは朝になると嘘のように陣痛が引いてしまっていたが、今日はまだ陣痛と言える痛みが襲ってくる。それだけが唯一の救いだ。
“入院 〜18日午後〜” の続きを読む