歯科矯正のはなし2

Sunnyの歯を診て、前歯の左2番目が欠損している情報を聞き、先生はすぐこういった。

「上顎と下顎の両方を拡げてしまうと、上の歯の欠損部分に隙間ができてしまいます。その隙間に将来的に仮歯を入れ続けるか、インプラントを入れることになるが、中学生でインプラントはしないし、しかも前歯のインプラントは仕上がりが自然でないことが多い。個人的には人工物を入れるよりは自分の自然な歯で整えていく方が良いと考えている。もしSunnyちゃんが自分の子どもだったら、僕だったら永久歯を抜く方法を取ります。

顎の成長によっては、歯を抜く本数が少なくて済むかもしれない。

今は矯正しないで成長を見て、永久歯が生えそろったときにまた状況を見て必要なら健康な歯を数本抜いて噛み合わせを矯正していく方法を提案された。

なんと歯を手術で移動させて歯並びを整えることもできると言う。すごいな、それ。

ある大学の研究結果によると、最近の子ども達の歯のサイズが年々大きくなっているそうだ。それに対して顎は小さくなっており、それゆえに歯並びや噛み合わせの悪い子が増えているという。歯は進化しているのに顎は退化しているなんて・・・基礎体力や筋力の低下、姿勢の悪さが問題視されている最近の子ども達、まさか歯までアンバランスになっているとは、本当に驚いた。

余談だが、顎の発達のために固いものを食べることが良いというのは本当か?歯並びの改善に役立つのか質問した。

噛み合わせの悪い状態で固いものを食べると、自分の噛みやすい歯を酷使することになり、負担がそこに集中するため、おすすめしないとのこと。なんでも全体のバランスが大切、ということだ。

結局、Sunnyの歯科矯正は見送ることにした。今は虫歯にならないように、きちんと歯磨きをして、できるだけ健やかな状態で永久歯が生えそろうようにケアをしていこうと思う。

ちなみに長女のYummyは歯並びが綺麗だ。中学生にもなると、矯正している友達はかなり多くて、羨ましがられるらしい。生まれつき良い条件のパーツを持っているということは、何よりの宝物だな、つくづくと思った。

じつは私も下の前歯の歯並びが悪い。今回の話を聞いて、お金と時間に余裕があれば、むしろ私が歯科矯正してみたい。
このクリニックには30~40代の客が多いそうで、60代の方も来ているという。矯正したら歯並びが変わって、さらに噛み合わせが整ったら、見た目だけでない何か他のことが変わるのか、とても興味がある。



歯科矯正のはなし

「ついにこの日がきたか・・・」長い年月と多額の費用を要する歯科矯正が、いよいよ現実味を帯びてきた。

それは、かかりつけの歯医者に定期健診で次女を連れていったときのこと。虫歯の有無の他に、歯並びの悪さが気になって相談した。

次女は保育園の頃から「不正咬合の疑い」と健診のたびに書かれていた。当時は「まだ幼いし、成長につれて改善するかもしれない」と言われていた。しかし、乳歯が抜け、永久歯に生え変わりはじめ、6歳臼歯も生え、上の歯は問題なかったが下の前歯が前後に重なって生えてきた。歯と歯の間に隙間が無く、窮屈そうだ。

レントゲン撮影の結果、上の前歯の左2番目の永久歯が欠損していることが明らかとなった。歯が存在しないなんて驚いてしまったが、実際はこういったケースは珍しくないらしい。

この場合、上下の歯の数が合っていないため、将来歯並びと噛み合わせに問題が出る可能性が高いと言われ、矯正専門の歯科医を紹介してもらった。「一般の歯医者の僕でも歯科矯正はできるけど、やはり専門医にお願いする方が確実。初回は無料で相談に乗ってもらえるから」と勧められた。

そこで早速、紹介された歯科医に電話で予約を取り、1週間後に無料相談に行ってみることにした。

長女の6年間

先日、長女が小学校を卒業した。
この6年間で、肉体的にも大きく立派に成長しただけでなく、性格も図太くズケズケと物を言い、人間関係のわずらわしさをうまくかわせる処世術を身に着けるまでに成長した。プライドが高く、人より劣っていることが嫌いなので、良い成績を取りたい、取らなきゃと本気で思うらしく、勉強も自分からやる。

“長女の6年間” の続きを読む

治一郎のバウムクーヘン

治一郎のバウムクーヘン

中目黒のパティスリー カカオエット パリに「飲むケーキ」があると、生徒から聞きました。カップに入ったケーキを、太いストローで飲むのだそうです。最後はスプーンですくって食べるらしいですが、ケーキを飲む時代になったのか・・・と中年世代の私には衝撃的な話でした。

しかし、そんな私でも「飲めそうなバウムクーヘン」なら知っています!!

“治一郎のバウムクーヘン” の続きを読む